« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月の記事

10月29日釣行記

【釣行日】 10月29日(水)

【船名・所属港】 清水港彌太丸

【出船時間】 4:30

【天候・海況】 曇り後晴れ 西の風10~15m/s 波うねり2~2.5m

【釣り物】 ヤリイカ

【料金】 12,500円(氷付き)

【釣り座】 右舷2番

【タックル】 misaki マニアスティック 鯵スペシャル

       シマノ 電動丸3000イカsp.

【仕掛け】 イカサビキ 幹5号ハリス3号 錘120号

【釣果】 ヤリイカ 13バイ

      外道 スルメイカ 4ハイ ゴマサバ5尾


新鮮なイカが食べたくなり、絶好調の湘南アオリか

安定釣果の石花海ヤリイカに行く事にしました。

最終的にはどう考えても激混みとなりそうなアオリは捨てて

石花海ヤリイカに決定。

となると船宿選びなんですが、こっち方面は疎いので悩みました。

WEBをチェックして確実に出る船宿をいくつかピックアップ。

その中から、自宅からの距離と、港からのポイントまでの距離を考慮して

清水港彌太丸さんにお世話になる事にしました。

電話をすると感じのいい船頭さんだったので、ひと安心です。

釣り座は船長が決めるとの事だったので

急ぐ事もなくゆっくり港へ向かいました。

彌太丸さんは12名分のベッドを備えた遠征仕様で

この船に10名限定で釣らせてくれます。

寝床には綺麗な毛布が置いてあり好感が持てました。

さて、ポイントまでおよそ1時間半。

ベッドに横になり一休みです。

三保飛行場の前を過ぎて駿河湾に出ると、急に船が揺れ始めました。

船着場ではわかりませんでしたが、相当波が高いようです。

時折身体が浮いて背中を叩きつけられてしまい寝ていられません。

こんな状況の中を2時間弱走ってスローダウン。

ようやく石花海に到着しました。

外に出ると物凄い風と波です。

バランスを崩しながらも何とかウェアを着込み仕掛けを付けると

「準備が終わった人から始めてぇ~、180m」とアナウンスされました。

波と風に翻弄されながら何とか投入。

190mほど出たところで着底しました。

1mずつ誘いあげながら探っていくと何やら乗ったような感触。

時化てるうえに胴調子の中深場用ロッドという事もあり

いまいちよくわかりませんが

仕掛けを手繰ると一番上のツノにヤリイカが乗ってました。

幸先よいスタートです。wink

しかし、単発で乗ってくるだけでイマイチの様子。

何度か流すと、もう少し深い場所へ移動となりました。

「はい、210m」今度も10mほど余分に出て着底しました。

やや待ってからス~っと竿を立てると、

クィっと竿先がお辞儀しました。 (#  ̄ー ̄)〇よっしゃー

ジリジリしながら巻き終わり、仕掛けをあげると2点掛けです。v( ̄Д ̄)v

バンバンとは乗らないながらも

誰かしらに乗ってくるのでこの場所で暫く粘りました。

ところが、オマツリでバレたりサバに邪魔されたりと

思うようには数を伸ばせません。

サバにやられたのを機に5本角から7本角にチェンジ。

ここで流し替えをすると更に深くなり「はい、今度は230m」

う~ん、この深さでは手返しが悪いなぁ

何とか多点掛けしたいなぁ、と思っていると

またも着底と同時に乗ってきました。

今度は結構重いです。

途中やや軽くなりましたが2点掛け。

5番目に入れたピンクのデュエット針に墨がついてました。wobbly

この後、ヤリ2+スルメ2の4点掛けに成功しましたが

手前マツリしてしまいタイムロス。

解いている間に群が散ってしまいました。shock

群を探し小移動を繰り返しては投入しますがダメ。

「反応の割には乗らないなぁ」船長のボヤキが聞こえてきます。

それでも、お昼近くになってポチポチ乗り始めました。

2点掛けの後「片付けながらやってて」なんてアナウンスがあり

急いで投入するとサバに捕まってしまいジ・エンド。

結局、ヤリイカ13バイ、スルメイカ4ハイで終了となりました。

今度は是非凪の日にやりたいですね。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

時化模様

久し振りに時化の中での釣りでした。

ヤリイカ 13バイ スルメイカ 4バイ

多分スソでしょう。coldsweats01

ま、イカ釣りはこんなもんです。

Ca390202

| | コメント (4) | トラックバック (0)

10月14日釣行記

【釣行日】 10月14日(火)

【船名・所属港】 手石港愛丸

【出船時間】 5:30

【天候・海況】 曇りのち雨 波うねり0.5→1→0.5m

【釣り物】 ワラサ【料金】 13000円(付餌・コマセ・氷つき)

【釣り座】 左舳

【タックル】 シマノ バルディー250S

       シマノ 電動丸3000イカSP.

【仕掛け】 ビシ100号 ハリス8号6m がまかつふかせヒラマサ11号

【餌】 オキアミ イカ短 特船オキアミ

【釣果】 3本(5.0kg 2.7kg 2.5kg)

     外道 ヒラソーダ4 シイラ1 トゴットメバル1

良型混じりで釣れてるとの事で、南伊豆のワラサに行ってきました。

南伊豆のワラサポイントというと

白浜沖、横根、神子元島、の3箇所が主ですが

現在は白浜沖で釣れています。

そこで昨年お世話になった須崎の宝栄丸さんのHPを覗いてみると

14日は予約が入っていない様子。

ではではと、手石の愛丸さんはというと……4名ですね。

ちょっと遠いですが、予約のTELを入れました。

集合時刻より15分程早い4:45に到着。

右舷にはキーパーが3つセットされていて

右舷は艫側に他のお客さんが入ったところでしたので

空いていた左舷舳に席を取りました。

今日は左右5人ずつの10名で出船。

舵をとるのは若船長、大船長は自分の竿を出すようです。

白浜沖には協定時刻の15分程前。

船長によると(魚探に)反応有りとの事。

準備万端に整え、6:30に実釣開始となりました。

しかし、誰にもアタリがありません。

周りの船でも竿が曲がった気配なし。

いや~な空気が漂います。bearing

何度か打ち変えていると右舷でヒット!続いて右舷でヒット!!

ようやく魚が動き始めたのでしょうか?

一流しする間に何本が上がるようになりました。

とはいえ盛り上がっているのは右舷のみ。

こちらはさっぱりです。crying

コマセの撒き方を変えたり、ハリスを伸ばしたりと

あれこれやってみるものの偶にアタルのはヒラソーダぐらい。

そのうち風向きが変わり、釣りづらくなってきました。

ただ、右舷に集中していたアタリが左舷にも出始め

一人、また一人とボウズが減っていきます。( ̄‥ ̄;) マ、マズイ・・

残るは2人、僕と左舷4番のおじいちゃんです。

先にアタリが来たのはおじいちゃんでした。

覚束ないながらも電動巻上げ+周囲のアシストで無事ボウズ脱出。

ヤバイ、ヤバすぎる。shock

10時半には風がやんで雨がポツリポツリ降り始めました。

それと同時に潮も変わったようです。

これでようやく潮下になりました。

チャンス到来!happy02これで釣れなきゃ坊主確定です。

すぐにアタリが出ました。upupup

若船長からは「慎重にね」とか常連さんからは「バラすなよ」とか

プレッシャーを掛けられつつも無事に取り込み成功です。

しかも、次の投入でまたもアタって連続GETしました。scissors

常連さんによると前日も最後の時間帯は左前が良かったとの事。

この後もどんどんアタルのかと思いきや、誰にもアタリません。

そんな中で次のアタリは僕にきました。lovely

コマセを振ろうとした瞬間にちょうど食ったようで

竿を振ったら掛かってました。coldsweats02

これがまた良型で、なかなか上がってきません。

ようやく上がったのは72cm5kgの立派なワラサでした。

ここでラスト一流しのアナウンスがあり

最後まで頑張りましたがタイムアップ。

愛丸さんのHPによると、船中1~7でトータル35本だったようです。

中盤まで釣れず泣きそうでしたが、良型も釣れたし満足の釣行でした。happy01

| | コメント (10) | トラックバック (0)

せ~ふ C=(^◇^ ;

危うくボウズになるところでしたbearing

スタートから4時間経過した10時半過ぎに

最初の1本目をGET!

最終的に3本で何とか格好がつきましたcoldsweats01

Ca390198s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しゅっぱ~つ!

釣れるといいな

しゅっぱ〜つ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

おしごと~

今日はこんな所でお仕事してます

おしごと〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »