« 終わり | トップページ | リキが天国へ旅立った »

三宅島レポ

今回の三宅島釣行は、残念な結果に終わりました。

とはいえ、経験値がUpしたのは確実です。

また、過去の遠征は全て下田出船でしたので

東海汽船を利用したのも初めての経験でした。

そこで、全体の流れを記事に残しておく事にします。

まずは釣船とチケットの手配ですが、

基本的に三宅の船は仕立て船のみとなります。

また、東海汽船のチケットについては

いくつかの方法で料金割引きがあります。

これについては東海汽船のHPを参照してください。

(他にヤフオクで株主優待券を買うという手段もあります)

今回は2等席を取りました。

003

2等席は和室(ざこ寝)とリクライニングシートの

どちらかをチケット購入時に選択できます。

和室の方が人気があり、今回復路では取れませんでした。

公共の交通機関を利用の場合、

ゆりかもめの竹芝駅下車で徒歩1分ですが、

マイカー利用の場合、駐車場は2箇所あります。

しかし、ひとつは浜松町駅前のWTCビル駐車場なので

余程混んでいる場合のみ利用でしょう。

通常はターミナル隣のニューピアの駐車場利用となります。

その場合、まずターミナル前に車を停め先に荷物を下ろします。

車を駐車場へ移動している間に、

誰かが荷物番をし他の人はターミナルの建物一番奥にある

受託手荷物の受付で台車を借りましょう。

おそらく2~3台必要になるかと思います。

荷物をターミナル内に運んだら、受託手荷物は預けてしまいましょう。

001

次に乗船券の購入です。

券を購入したら、券の右側が乗船名簿となりますので

ここに住所・氏名等を記入し、乗船時間を待ちます。

乗船時間になると受託手荷物の受付前に整列するよう

アナウンスがありますので、早めに並んだ方がいいと思います。

(先に乗って手荷物の置き場所を確保する為)

乗船時に券の右側を切り離して係員に渡します。

22:30に竹芝桟橋を離れ、一路三宅島へ向かうわけですが、

レインボーブリッジを通過すると諸注意がアナウンスされます。

その後、2等席から順に毛布の貸し出し(100円)の為、

乗務員がまわってきますので必要な方は借りてください。

料金はその場で支払いとなりますので、小銭の用意も忘れずに。

(乗船口横の受付に両替機有り)

飲食は自販機がありますし、出船後1時間程レストランが営業してます。

ジュース類は通常価格。

お酒は未確認ですが、同行の方に聞くと高くなかったという話でした。

0時くらい?に客室内消灯となります。

消灯といっても真っ暗ではありませんし、客室以外はそのままですので、

寝ている方の迷惑にならないように自由に過ごしてください。

予定通りに運行すれば5時に三宅島へ到着です。

(今回は錆ヶ浜港へ入港しました)

到着前に客室の明かりが点き船内アナウンスがあります。

毛布は畳んで席においておけば大丈夫みたいです。

(下船前に回収にはきませんでした)

下船時に券を渡しますので、用意しておいてください。

港の出入り口横に待合所があります。

その近くにコンテナが運ばれますので、預けた荷物を受け取ってください。

船宿の人も待合所の辺りで待ってます。

合流後は指示に従ってください。

今回は天狗屋さん(高橋哲也氏の宿です)にお世話になりました。

009

一度、天狗屋さんによって着替えを済ませ

コマセと付け餌を積み込んで坪田港へ移動です。

出船は6時半頃、帰港は12時頃でした。

さるびあ丸の錆ヶ浜港出航は14:20なので

時間的にはけっこう余裕がありますが、

受託手荷物の受付が13:30までとなっていて、

先に荷物を港へ運んでもらわなくてはなりません。

時間まであれこれ談笑しながら過ごした後、港まで送ってもらい、

さるびあ丸に乗り込んで三宅島とお別れです。

012

予定どおりなら竹芝到着が20:30。

到着のアナウンスがあったら、早めに出口へ行った方が良さそうです。

降りる順番が遅くなると台車がなくなるかもしれません。

下船し券を渡したら受託手荷物の受付裏あたりに

コンテナが運ばれてきますので、荷物を受け取ってください。

そこに台車もあります。

駐車場から車をまわして荷物を積み込みましょう。

さて、ここまででいくら掛かったかと申しますと、

さるびあ丸の料金が6,760円×2、受託手荷物が1個500円

(30kg超は1,000円)で、僕は2個預けたので×4、

駐車料金が1日4,000円で、今回は1人あたり1,000円でした。

この他、竹芝までの交通費と仕立て船料金が必要となります。

合計で約40,000円ほど掛かった計算ですね。

ただ、今回は大きな船を5人で仕立てたので、やや高めです。

東海汽船の乗船料もうまく割引を使って、

通常の小型船を仕立てれば1万円近く節約できるかもしれません。

逆に大型クーラーに魚満載だと受託手荷物の料金が嵩みますが。

やはり、35,000~40,000円ぐらいの予算ですかね。

島に一泊して2回釣りをした人に聞いたら、

だいたい5万ぐらいって言ってましたので参考にしてみてください。

|

« 終わり | トップページ | リキが天国へ旅立った »

「釣り」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。
なるほど・・。よくわかりました。小旅行くらいの予算ですね。
三宅には磯釣りで行きたかったのですが、もし行くときは参考にさせていただきます(^^)

投稿: つーと | 2007年11月26日 (月) 20:43

なるほどねー。

行き帰りにゆったり寝られるから、こういう釣りもいいですね。

投稿: kobak | 2007年11月26日 (月) 22:14

細かいところまで説明があったので、なんか行った気分になっちゃいました~^ ^

行きも帰りもゆっくり体が休めるのが良いですね~
寝れれば・・・ですが。。。(汗)

投稿: なん | 2007年11月26日 (月) 22:22

私は信栄丸仕立てで下田送迎の三宅でした。
多分人数集まれば送迎してくれますよ。
一時半出船、13時頃まで釣りして夕方下田帰港でした。
料金は、たしかイナンバと同じくらいでしたね。

http://ameblo.jp/akiboo/entry-10037137367.html

まあ、諸事情ありまして(^^ゞ、また行きたいとは思いませんけど(笑)

投稿: あきぶー | 2007年11月27日 (火) 01:23

磯釣り師もたくさん乗ってましたよ
沖釣りはダメダメでしたが
上物はそこそこだったみたいです

投稿: けんさん | 2007年11月27日 (火) 11:07

>kobakさん

実質日帰りで行ける限界ですが
船で寝られるので結構楽ですよ

投稿: けんさん | 2007年11月27日 (火) 11:17

>なんちゃん

僕は乗り物で寝るのが苦手なので
往きは全然寝られませんでしたよ

投稿: けんさん | 2007年11月27日 (火) 11:22

>あきぶーさん

情報ありがとうございます。
諸事情っていうのが、ちと気になりますが (^_^;)

投稿: けんさん | 2007年11月27日 (火) 11:26

釣りに行ってたんですね~。
この記事で ちょっと行った気分になりました♪ 気分だけ~♪

投稿: つりちゃん | 2007年11月27日 (火) 11:33

日帰りなんですね~?

スゴイバイタリティー

投稿: ハル父 | 2007年11月27日 (火) 11:43

わぉぉぉぉ~
当家には考えられない釣行ですなぁ~

なにせ小物釣り専門なもので♪~(笑)

投稿: ふくさん | 2007年11月27日 (火) 11:52

>つりちゃん

お子さんがいると、簡単には行けませんね
旦那さんとお子さんは島内観光
自分は仲間と釣りっていうのは如何?

投稿: けんさん | 2007年11月27日 (火) 17:44

>ハル父さん

金、土と休んで金曜の夜出発
土曜の夜に帰宅し日曜は仕事でした

投稿: けんさん | 2007年11月27日 (火) 17:48

>ふくさん

そう仰らず、是非ご夫婦で行ってみてください

投稿: けんさん | 2007年11月27日 (火) 17:54

なんかめんどくさそうですねぇ~。飛行機は無いのかな?
せっかく行くんだから2泊くらいしたいですねぇ♪
でも3回の釣りがすべてショッカー祭りってのも恐いかも。。

投稿: baku☆ | 2007年11月29日 (木) 02:08

三宅島の空港は現在閉鎖中です
火山活動が続いている限りは再開は無理でしょうね

投稿: けんさん | 2007年11月29日 (木) 08:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170690/17195121

この記事へのトラックバック一覧です: 三宅島レポ:

« 終わり | トップページ | リキが天国へ旅立った »