« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月の記事

釣れない釣行記

【釣行日】6月26日(火)

【船名・所属港】熱海港かろうや丸

【出船時間】5:00

【天候・海況】曇り 微風 ベタ凪

【釣り物】マダイ

【料金】10,000円

【釣り座】右舳

【タックル】ダイワ ヘルバイパー 270I シマノ 電動丸3000XH

【仕掛け】片天秤仕掛け ビシ80号 ハリス4号10m マダイ針8号

【餌】オキアミ

【釣果】本命 マダイ0尾

     キントキ11尾 ゴマサバ2尾

     トゴットメバル4尾 チョウセンバカマ1尾

このところキントキ好調の報しか聞こえてこない初島まわりですが、

いい加減不義理にしてたので常宿のかろうやへ行ってきました。

電話の感じでは他に客はいない様子。

案の定、貸切でした。

ところが時間になっても船長がやってきません。

あれ?と思っていると、出船時間になって現れました。

どうも体調が悪い様子。

それでも船を出してくれました。m(__ __)m

初島に近づいていくと、すでに裕○丸が始めています。

そこでキントキ場の脇でやる事になりました。

ここには3隻程船がいましたが、どの船もキントキ狙いのようです。

こちらはタイ狙いですので、キントキを避けるように釣り始めました。

でも食ってくるんですよねぇ~キントキ。

何だかお隣の船より釣ってる気が……( ̄Д ̄;;

キントキはいらないんだけどなぁ。

結局2時間程で移動。

しかし、ここは餌盗りだらけで早々に退散しました。

次は例年6月頃から大型のマダイが出るポイントです。

今年はまだ良い釣果が得られないとの事ですが、

いつ出るかわかりませんから、つい期待してしまいます。

まずは、いつものようにトゴットメバルが邪魔をしてきました。

そんな中ちょっと強めのアタリがきたと思ったら、今度はゴマサバ。

少ないながらもしっかりいますねぇ。。。orz

そのうちメバルも掛からなくなりましたが、

餌盗りは強烈で2分間隔での打ち返しを強いられます。

そのうち潮が止まり、このまま終わりかと思いましたが、

もう1箇所やってみるとの事で移動。

しかし、ここも餌盗りが強烈で万事休す。

30分ほど頑張りましたが、沖あがりとなりました。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

おしまい

今日の修行は終了しました。

キントキの他、チョウセンバカマというレアな魚をGetしましたが、

本命のタイはボウズでした。

Ca350061a

| | コメント (14) | トラックバック (0)

最後の移動

例年いまごろ大型が狙える深場を攻めましたが不発。

ラストチャンスに掛けます。

Ca350060a

| | コメント (2) | トラックバック (0)

再び移動

深場をやる前に立ち寄ったポイントは

餌盗りが強烈 (;・∀・)

さっさと見切りをつけて再び移動です。

Ca350059a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移動

キントキをツ抜けしたところで、今日最初の移動です。

深場を狙うとの事で楽しみ。 ワクo(゜ー゜*o)(o*゜ー゜)oワク

Ca350058a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キントキ

キントキはたくさんいますけど……

Ca350057_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

修行に入ります

久し振りに熱海へ来てます。

このところ釣況が悪く、今日も苦戦が予想されます。

本命はマダイですが、五目的な釣りになるかも。

Ca350056_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

6月13日釣行記

【釣行日】6月13日(水)

【船名・所属港】茅ヶ崎港沖右ヱ門丸

【出船時間】6:30

【天候・海況】晴れ 南風のち南西の風やや強い

        波高0.5→1.5m

【釣り物】アオリイカ

【料金】8,500円(HP割引1,000円)

【釣り座】左舳2番

【タックル】ダイワ アナリスターアオリ

      アブガルシア UC4601C D2D2

【仕掛け】中錘10号ハリス6号4m

【餌】餌木(プレミアムアオリーQ ロングエギ エギリー)

【釣果】アオリイカ 5ハイ(780g×3、850g、1.0kg)

今回はギリギリまで迷いました。

梅雨入り前に釣行する最後のチャンスだというのに、

これといって釣りたいものは無し。

体力的、金銭的な理由から遠出は出来ません。

あれこれ情報を集めているうちに、

沖右ヱ門丸さんのHPが目につきました。

アオリが8、9日と爆釣してます。

その後、潮が澄んで落ちたものの、

12日には濁りが入ったとの事で、これはもしや爆釣!?

さっそく釣行準備に入りました。

沖右ヱ門丸さんでは中錘10号ハリス4号4mが標準です。

そこで、4号と5号で予備ハリスを用意し、

中錘はマットブラックとゴールドの2色を用意しました。

船宿が5時に開くので、その時間に合せて出発。

5分前に到着すると既に6つクーラーが並んでいました。orz

当然四隅は無理でしたので、左舷2番に席をキープします。

如何に人気のある釣り物とは言え、いったい何人乗るのだろうか?

最終的には14人になったようで、

左右の舳の方は1段高いスーパー舳へ、

左右の艫の方は大艫へ入り、両舷5人ずつ並びました。

ちなみに左舷側を眺めると、

前から順に、長、短、短、短、長、長、長、

と、すっかり長竿が定着してますね。

僕も今後導入のするつもりです。

さて、定刻に河岸払いをすると、船は一路鎌倉沖を目指します。

朝のうちは風も殆どなく、いい凪でした。

所々にイワシの群れが見えています。

潮は濁り気味……なのでしょうか?

このあたりの海を見ると

濁っているようにしか見えないんですが……。(^^;)

そこでアピール重視でゴールドの中錘をチョイス。

ハリスは6号4mとし、餌木はパイロットとして

アオリーQ4.5号のマーブルサクラダイをセットしました。

パイロットといいつつ、4.5号を使うところに

すけべ根性が滲み出ていますが。w

そんな中、投入の合図がでて14mのアナウンス。

(4mのハリス使用を前提にした中錘までの指示です)

さっそく右大艫でヒット!幸先のよいスタートとなりました。

この日はダブルヒットが多く、近くの人に掛かるとチャンス大。

すぐに左舳でヒット!

すると、僕……をとばして3番の方にヒット!( ̄Д ̄;;

しかし、またも左舳でヒットした直後、

フォール中のエギにアオリがアタック!

ひと呼吸待ってからスイープに合せると、

ぐい~っと引っ張られ、無事1パイ目をGetしました。

船中いたる所でヒットが続き、船長は大忙しです。

何せ一人で全てのタモ入れをし、

合間にはHP用の写真撮影までこなしていましたから。(^^;)

1パイあげたものの、舳の方をみると長竿のうえに

ピンク系のエギを使っていたので、

このままではチャンスが少ないとみて、

流し替えの間にロングエギにチェンジしました。

これが奏功したか、しゃくる手がガシっと止められ2ハイ目をGet!

巻き上げ中に左舳もヒット。

やはりダブルヒットが多いようです。

この調子なら、かなり釣れると思ったのが悪かったか、

ここで潮がとまり船中沈黙となりました。

ここからはピンポイントでの攻めとなり、

短いスパンで小移動を繰り返していきます。

この間、エギをとっかえひっかえしてましたがノーヒット。

タナも9mが中心となり、フラッシングを抑える為に

マットブラックの錘にチェンジしました。

10時を過ぎ、右舷で釣れ出したのをみてエース餌木である

アオリーQ4号(マーブルサクラダイ)にチェンジ。

すると左舳の方とほぼ同時にヒット!これでようやく3バイです。

この頃から南西風がやや強くなり、

それとともに右舷にノリが集中しはじめました。

左舷側で上がるのは大艫のみ、厳しい時間が続きます。

状況が変わったのはお昼近くなってから。

左舷でもノリはじめ、またも舳とダブルヒット!これで4ハイ。

続くかと思いましたが、すぐにのらなくなってしまいました。

そこで、人が使ってない餌木を使ってみようと思い、

エギリーのレインボーマーブルをセット。

まだ1パイも釣ってない餌木ですが、

左舷はもちろん右舷も舳側は誰も使ってません。

暫くすると、ロッドティップが僅かに押さえられましたが、

焦って合せてしまいチップ。orz

しかし、ちょっと期待できるかも。

そうこうしているうちに右舷でヒット!

船長がタモどりする間に船が流されて、

立っていた糸がどんどん斜めになっていきました。

どうしようもないので、そのまま待ちます。

すると突然ぐい~っと引っ張られました。

なんと、吹き上がった餌木にアオリがアタック!いやぁ、驚きました。

これでようやく5ハイです。

1時を過ぎたところで江ノ島の東側へ移動しましたが、

僅かな時間流して、そのまま終了となりました。

この日は船中60パイの大爆釣。

この時期にこれだけ釣れるのも珍しいのではないでしょうか?

今日(14日)もボウズ無しでトップ11パイだったそうです。

今日、雨が降りましたので、明日も大爆釣かもしれませんね。

Ca350050

| | コメント (10) | トラックバック (0)

追加

やっと釣れた (*´Д`)=з

Ca350049_1

この後もう1パイ追加して終了しました

| | コメント (8) | トラックバック (0)

……釣れない

ダメだぁ 右舷しか釣れない

左舷は寒い空気が流れてます ( ̄Д ̄;;

Ca350048_1

| | コメント (4) | トラックバック (0)

久々に

ようやく3バイ目がきました

Ca350047_1

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2ハイ目

朝いちの実釣開始直後に1パイ

そして2ハイ目

釣れてよかった(*´Д`)=з

Ca350046_1

| | コメント (5) | トラックバック (0)

出船準備

5時の船宿オープンに合わせて行ったんですが

思ったより混んでたなぁ、既に6人来てたよ orz

四隅は取れず、左舷2番の席を取りました

さて、釣れるかな?

Ca350045_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

中深場仕掛け

今月末は久々に中深場をやる予定です。

それに先立って、基本的な仕掛けを紹介したいと思います。

まずは、アラ狙いの仕掛けから。

今度お邪魔する船では、天秤仕掛けでアラを狙います。

仕掛け長は3mで、枝間1m、エダス40cm、ハリス1mの3本針。

幹12号、エダ・ハリスとも10~12号で、ムツ針18号以上。

捨糸8号50cmで錘200号使用。

続いてアカムツ狙いの仕掛けですが、

胴つき仕掛けと天秤仕掛けと両方用意してください。

では、まず天秤仕掛けの方から。

仕掛け長は3mで、2~3本針。

幹8号、エダ・ハリスとも6号で、ムツ針(細字)16~18号。

捨糸50cmで錘200号(150号かも)使用。

次に胴つき仕掛けです。

幹8~10号1.2m、ハリス6号50cm、捨糸1m。

尚、クッションゴムを使いますので、

仕掛けに合った太さの物を用意してください。

エサは、予め言えば船長が用意してくれますが、

ポイントに行く途中で、まずはサバ釣りをすると思います。

水中ランプは用意しておくといいでしょう。

ただし、使用する前に船長に確認し、

OKが出てもサメが釣れたら、すぐ外してください。

あとは時化ない事を祈ってくださいね。 w

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »