« WBC 韓国戦 | トップページ | WBC準決勝進出! »

脇役達その1

釣りをするにあたって釣り場に持っていく事もなく、

また絶対に必要という事はなく、あれば便利という物を紹介していきたいと思います。

まず最初は、ミヤテンションアジャスターSです。

これは何をするものかと言いますと、

リールにラインを巻く時にテンションを掛ける為の道具です。

ナイロンやフロロなどはそれ程でもありませんが、

PEラインはテンションを掛けずに巻きこむと内側のラインが緩んでしまいます。

しかし、これを使って巻けば、きっちりと巻く事ができます。

そして、何といっても最大のメリットは、テンションアジャスターを使用する事で

カタログ値以上の糸巻き量を巻けるという事です。

実際、僕のタナコンブル750にはPE8号が600m巻いてあります。

カタログ値はPE8号500mですから、20%アップとなっています。

ただし、僕の場合スプールいっぱいまで巻いてますので、

実際にはもう少し値が低くなるでしょう。

ちなみに電動丸3000XH(’99モデル)にはPE5号を480m巻いてあります。

オニカサゴなら300m巻いてあれば十分かもしれませんが、

アラやアカムツを狙うとなると最低でも400mは欲しいところ。

そんな時にこのテンションアジャスターが役立つのです。

中深場の釣りが好きな人には見逃せないアイテムだと思います。

Ca310063  

|

« WBC 韓国戦 | トップページ | WBC準決勝進出! »

「釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170690/9122259

この記事へのトラックバック一覧です: 脇役達その1:

« WBC 韓国戦 | トップページ | WBC準決勝進出! »